あなたの愛車は下取り査定よりも高く売れますよ

ディーラーの下取り査定で危うく損をするところでした!

最近のエコカーはずいぶんと燃費がいいようだし、安全ブレーキシステムも大分普及してきたし、今乗っている車ももうすぐ10年近くになるから、そろそろ買い替えてみようかなと思っているあなた。
現在の愛車の処分をどうしますか。
ほとんどの人が何も考えずに、購入店に下取りに出してしまうのでしょうね。
新車購入だったら、ディーラーの下取りに。

 

下取りよりも高く売れる方法がありますよ

あなたの愛車は下取り査定よりも高く売れますよ
どうして、ディーラーの下取り査定よりも高く売れるのでしょうか。

話は簡単です。
ディーラーがあまり欲しがっていないのなら、その車を欲しがっている業者を探せばよいのです。

考えてれば単純なことで、当たり前ですよ。
だって、ディーラーは新車販売が仕事ですから、引き取った中古車を自分の店では売れません。

 

買った車は売らなければならない

あなたの愛車は下取り査定よりも高く売れますよ
つまり、欲しくもない車を押し付けられるのだから、高値を付けるはずがないのです。

 

意外と知られていないことですが、ディーラーって、地域企業なんです。

 

トヨタとか日産とか名乗っているけど、実際は「埼玉トヨタ」だったり、「横浜トヨペット」だったりと、大体県内をテリトリーにしている地域企業ですから、全国ネットを持っている中古車販売業者に敵うはずがないんです。

 

では、ディーラーではその車をどうするか知っていますか。
彼らは自社系列の中古車販売業者に転売するかオークションに出すしかないんです。
転売するときに損をしないように、標準価格のちょっと下を狙って査定をします。

 

あわよくば、下取り車で差益を取ろうとして低い査定をすることさえあります。

 

 

危うく損をするところでした

 

わたしは、2年前ですが、自分の車を処分するときに危うく大損をするところでした。
幸い、最悪の損は避けられましたが、そのときの経験でディーラー下取りは絶対に止めた方が良いと思うようになりました。
その点に気付かず、相変わらずディーラーに出す人が多いので、どうしても書きたくなりました。
そんな話を簡単にまとめてみます。

 

売りたい車はほぼ10年落ち

 

その当時、わたし乗っていた車はこれでした。
あなたの愛車は下取り査定よりも高く売れますよ
国産の1500ccクラスのハッチバックで室内も広いし走りに不満もなく、きれいな青い色が気に入っていました。
エンジンも快調だし、何も問題はありませんでした。

 

ある日、友達の車に付いているバックモニターを見たときに、わたしもバックモニターが欲しくなりました。
わたしはバックが不得意で、一度ぶつけたこともあります。

 

どうしても欲しいので調べてみたら、純正品ではありませんが、後付けでもバックモニターを付けられることが分かりました。

 

でも、もうすぐ10年目になる車だし、最近のテレビ宣伝ではエコカーの技術が良くなってずいぶん燃費も改善されているようです。
それに、ブレーキの踏み間違いを防止する、安全ブレーキシステムにも魅力があります。

 

この際、思い切って買い換えることにしました。

 

買い代えるにしても、やっぱり1500ccクラスのハッチバックが好みで、希望の車種を2つ想定しました。
一つはA社の新車で、もう一つはチラシで見つけたB社の新古車です。

 

ディーラーの下取り査定は

 

まず、この車を購入したA社のディーラーに相談に行きました。
新車購入なので値引き幅はある程度決まっていますから、下取り価格が気になります。

 

購入を前提にして下取りの査定をお願いしました。

 

メカニックの人が、いろいろと見ているようです。
バックでバンパーをぶつけたり、路地で擦ったりの小傷の修理は何回か経験していますが、エンジンや走行系のトラブルはありません。
もうすぐ10年目になるし、10万円位かなと予想していました。

 

ところが、大分待たされて、営業の人からの回答はなんと、
「年式も大分いっているので、7万円で取らせていただきます」って。
「えっ、7万円ですかぁ」
「はい、これで精一杯です」
「もうちょっと、何とかならないの」
すったもんだのあげく、値引き分を上乗せしたのか良く分かりませんが、8万円まで上がりましたが、それ以上は無理みたいです。

 

買取査定はディーラーの2倍だった

 

なんだか納得できなかったので、すぐに、チラシで見た新古車販売店に行ってみました。
この店は、チラシを多く出しており、期末の3月ということで時期的には新古車が出やすいようです。

 

チラシでかなり安い価格を公開しているので値引きは出来ません。
そうなると、下取り価格が勝負になりますね。

 

狙っていた希望のB社の車種を決めてから
「ディラーの下取り査定に満足できないから、幾らで買い取ってくれるか調べてください」
と正直にいうと、
「車検証を見せてください」って。
車の中から車検証を取り出してキーと一緒に渡すと、白いつなぎを来たメカニックらしい人が出てきて、エンジンをかけたり、ボンネットを開いたりして調べているようです。

 

その後、メモを持って、パソコンに向かって何かやっています。
「お待たせしました」と係りの人が戻ってきましたが、30分も経っていません。
展示車輌を眺めていたので、時間は気になりませんでした。

 

驚いたのは、その答えです。
「キズも少なく程度もよろしいので、15万円でいかがですかだって。

 

わたしは、内心喜んでびっくりして、思わず笑ってしまいそうになり、表情を押さえるのに必死でした。
すぐに売買を決断しました。

 

新古車と言っても、わたしが最初の登録所有者になるまったくの新車です。

 

無事にピカピカの新車を受け取りました。

ディーラーで7万円の下取り査定しかつけてくれなかった車を、新古車販売店では15万円で買い取ってくれたのです。
車の購入価格に比べれば、たったの7万円ですが、率で言ったら2倍ですよ。
この差には、びっくりしました。

高年式で100万円を超えるような人気車種なら2倍なんてことはないでしょうが、金額の差はもっと大きいかもしれません。
(実際に現在のわたしの車の一括査定をお願いしたら、概算見積もりで40万円〜90万円の幅がありました)

 

新古車販売店の人に聞いてみました。
「ディーラーさんより大分高く引き取っていただいたのですが、いつもそうなのですか」って。
すると
「いや、必ずしもそうとは限りません。ケース・バイ・ケースで、いろいろですよ」
とはっきりとは言いませんでしたが、この店(チェーン店)では、高級車から下駄代わりの低価格車まで、幅広く車種を揃えているのが「ウリ」なのですが、ちょうどあの頃には、超低価格の車種が不足していたようです。

 

わたしの車は、車検が1年以上残っていたので、代車として使うか、整備してすぐに販売に回すか、いずれにしても使い道があるというような話しぶりでした。

 

 

以上が、わたしの車の買い替え顛末記です。
こんな経験をした後で、下取り車のうまい売り方がないかと調べてみました。
順番が反対なのですが、わたしの性格はいつもこうなんです。

 

なぜディーラー下取りよりも買い取り価格が高いのか

 

順番が逆だろうが終わったことだろうが、気になったことは調べて見ない時が済みません。
その後、わたしが調べたことを、順を追って書きます。

 

まず、最初は、当たり前の理屈です。

 

あなたの愛車は下取り査定よりも高く売れますよ
物を売りたい人と買いたい人がいて、はじめて売買が成り立ちます。
「すごく売りたい人」と「あまり買いたくない人」の組み合わせでは、値段は安くなります。
逆に「すごく買いたい人」が相手なら、値段は高くなりますよね。

 

あなたの愛車は下取り査定よりも高く売れますよ
ディーラーでは新車しか扱いませんから、本当は下取り車なんか要らないのです。でも、販売のために仕方なく引き取り、系列の会社に転売するのです。
逆に、本当にその車種が欲しいと思っている中古車販売店もあるはずです。
その後、車の買取が大分普及してきたので、たくさんの買取業者が生まれましたから、その中から探せばよいのです。
その中には、わたしの場合のように一発でその販売店に当たって、2倍の価格で買ってもらえることも実際にあったんです。

 

あなたの愛車は下取り査定よりも高く売れますよ
でも、ごめんくださいって訪問して、一発で必要としている会社に当たる幸運なんて、なかなかあるものではありません。
宝くじだって、なかなか当たらないし。
車の営業をしているわけじゃないのだから、訪問販売のように何軒も回るなんて出来ませんね。
でも、今やインターネットの時代です。
インターネットで、愛車の見積もりをしてくれる会社がいくつかありますね。
でも、ひとつの会社だけでは、「当たり」引くかどうか分かりません。
インターネットだって、たくさんのサイトを開いて比較するのは大変です、そこで・・・

 

一括査定の便利さ

 

あなたの愛車は下取り査定よりも高く売れますよ
簡単な申し込みだけで、最大8社の買い取り業者の見積もりを調べてくれる会社があるのです。

 

車買取

 ⇒ あなたの愛車は今いくら?複数社の買取店ネットワークが回答します!!

 

 インターネットですから、全国をカバーしています。
 ⇒ 下取りよりも絶対お得な一括査定

 

 

 

このサイトを開くと、最初に郵便番号を求めてきます。
何故、郵便番号なのでしょうか。

 

それには、理由があります。
インターネットですから、当然全国をカバーしています。
でも、車の買取をするためには、近くの業者さんを紹介しなければなりません。
だから、担当地域を特定するために、郵便番号が必要なのです。

 

最大8社の買い取り業者を紹介してくれますが、地域によってはそれより少なくて、2社や3社の場合もあるかもしれません。
とにかく、無料で買い取り金額を査定してもらえるので、どこが一番高く買ってくれるか分かります。

 

もしも、ディーラーの下取り価格が一番安かったら、下取りに出せばいいだけのことです。
(ディーラーでも、メーカーのキャンペーンなんかで、値引き幅を下取りに乗せることがありますから、聞くだけは聞いてみても良いでしょう)

 

 

無知が損失を発生させるのは世の常ですよ

 

あなたの愛車は下取り査定よりも高く売れますよ
頭の中では分かっていても、最初の一歩を踏み出すには勇気が必要です。

 

あなたの愛車は下取り査定よりも高く売れますよ

 

そんなときにこそ、背中を押してくれる人が必要なのです。

 

わたしは、たまたま、最初に車を持ち込んだ会社が高値で買い取ってくれたからすごくラッキーでした。
でも、それって、たまたまだったのです。

 

振り返ってみて、もしも、ラッキーに巡りあわなかったら、8万円も損をしていたのです。
わたしのような庶民には、大金です。
一手間かけるだけで、8万円も得をするなら、絶対にやるべきです。

 

買わない宝くじは、絶対に当たらない。
宝くじは有料ですが、この一括査定は無料なんです
もちろん、多少の手間はかかりますが、あなたの財産を減らすことはありません。
なぜ、多くの人は、ディーラーの下取りに任せてしまうのでしょうか。

 

あなたの愛車は下取り査定よりも高く売れますよ

 

損をしないのだから、やらない理由がありません。

 

 

車買取

 じゃんけんで、必ず「パー」を出す人が待っている状況なのですよ。

 

「チョキ」を出せば、勝つことが見えているのです。

 

下取りに出す前に、一括見積もりをやってみましょう。

 

<<リンク>>

 

実際に一括査定を依頼すると、複数の会社からすぐに電話が来ます。
年式と車種から標準的な幅のある金額は出ますが、車を見ないと、最終見積もりの金額が決まりませんので、車を一度見せてもらいたい(無料出張査定)と言いますが、それは当たり前のことです。
逆に、車を見もしないで付けた値段の方が、あまり信用できませんからね。

 

わざわざ家まで来てもらってから断るのは失礼だと思う方もいらっしゃるでしょう。
それなら、あなたの心の負担を軽くするために最初に宣言してください。
「今回は一括見積もりをお願いしているので、どこの会社に決めるか分かりませんので、お断りするかもしれません」と。
相手も手間ひまがかかることなので、冷やかしで出張査定まで頼んだら失礼ですが、本気で愛車を売ろうとしているなら、何社に依頼してもぜんぜん気にしなくても大丈夫です。
業者の方もそれは心得ていますから、決まったといえばそれ以上の強引な勧誘しません。

 

車を見てもらわないことにははじまりませんから、本来ならこちらから中古車販売店に出向いていかなければならないところですが、一括見積もりの無料出張査定では業者の方から家に来てくれます。
ありがたいことです。

 

 

あなたの愛車は下取り査定よりも高く売れますよ

 

きっと、こんな笑顔が、待っています。

 

有利な条件を引き出すために、一括査定交渉マニュアルを読んでから、申し込みましょう。